不動産担保ローンは限度額・金利ともに満足でした

不動産担保ローンのメリットとデメリット

不動産担保ローンを利用してリフォーム資金を確保利用してよかったのは金利が低いこと借り換えするのに適している不動産担保ローンのメリットとデメリット

"不動産担保ローンとは自分が所有している不動産を担保にして金融機関から融資を受けるローンのことであり、担保物件があることで融資金額が高く設定してもらえ、担保になっていてもそのまま使用を継続できるので、メリットがあるのは間違いありません。現在は担保物件が無くて非正規雇用の人でも金融機関から個人的な融資を受けられますが、その融資金額は低くなっているため、それでは足りないという人もいるでしょう。 不動産担保ローンでは返済が順調に推移していれば問題が無いのですが、諸事情によって返済が難しくなると一転してデメリットになります。それは担保物件として提供しているので、返済ができなくなると金融機関は担保である不動産の回収に入るからです。この回収はすぐに行われるわけではありませんが、決められた期間を過ぎると強制的に回収しようとする動きが開始されるのは間違いありません。 不動産担保ローンは高い融資金額を設定することができるので、これが逆にデメリットの元凶になります。不動産担保ローンを使用するのは高い融資金額を求めるからであり、その一回の返済金額も高くなっていて、当然に利息も多くなります。そのため返済が一回でも滞ると元に戻すのがとても難しくなるので、本来の収入を考えると返済が当初から厳しいということは、融資を受ける前に認識する必要があるでしょう。"